So-net無料ブログ作成

雪の女王 [映画]

ようこそです。
 
ロシアアニメーション「雪の女王」(1957) 
レフ・アタマーノフ監督 
 
 雪の女王.jpg
 
ロシア語読みはスニェージナヤ・カラリェバ
アンデルセンの原作は1844年でした。 
 
まずはネタバレあらすじ [バッド(下向き矢印)]
 
カイとゲルダは一緒にバラの花を育てるなかよし。
二人は冬の夜おばあさんから雪の女王のお話をきく。
笑い飛ばしたカイに怒った女王は吹雪をおこす。氷のかけらが
カイの心臓にささって記憶をなくし悪い心になってしまう。
 
ゲルダは雪の女王に連れ去られたカイを探しに旅に出た。
魔女の花園、舞踊会のはねた宮殿、
山賊の洞穴に迷い込む。
気性の激しい山賊の娘の助けで
鹿に乗り女王のいる氷の国へ向かうゲルダ。
 
やっと見つけたカイに抱きつくと
ぬくもりで氷がこぼれおちゲルダへの心を取り戻すのだった。 
 
b162_1.jpg 
 
ジブリライブラリー版では特典に宮崎駿監督のインタビューがあり、
映画について熱く語っています。 
 
ゲルダのカイを追う一途さ。そのやさしさに涙を流す山賊の娘。
女性の様々な心を描き切っているのに感動して
その後のアニメ制作の指針になったそうです。
 
ゲルダのキャラクターは宮崎アニメのヒロインを思わせます。
ストライクのタイプなのでしょうね^^ 
 
映像はきれいですがディズニーと比べると地味な印象。
素朴な味わいが魅力です。
 
 
もう一つの特典の短編フィルム
「鉛の兵隊」(1970)レフ・ミリチン監督
一本足の鉛の兵隊が人形のバレリーナに恋をするお話。 
 アンデルセンの童話は、ひとすじなわではいかない展開が待っています。
 
鉛の兵隊.jpg 
 
バレエを踊るシーンや古い街並みなど 
映像と音楽が調和した18分の美しい作品です[ぴかぴか(新しい)]
 
 
001.png
また次回[ー(長音記号1)] 
 
 
 

   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013