So-net無料ブログ作成

グレートマジンガー愛 36話(後編)甦れ!!憎しみを越えた愛!! [アニメ]

ようこそです。 


グレートマジンガーはマジンガーZの続編として

1974~1975年に放映された

永井豪とダイナミックプロ原作

東映動画製作の巨大ロボットアニメーションです。 

202_02.jpg

36話の後編です。少女に責められ苦しむ鉄也をよそに再び戦闘獣が出現

249_01.JPG

「鉄也君、出動だ!」

249_02.JPG
 
「戦闘獣はジュンにまかせてください」
「何言ってんのよ!」
 
249_03.JPG
 
「オレは戦う気がしねえんだ。
たまには一人で戦闘獣を倒してみろ!」
 
249_04.JPG
 
「わかったわ、出動します!」
「頼んだぞ」
 
249_05.JPG
 
「ビューナスA(エース)、ゴー!!」
(ビューナスAの歌が流れます[るんるん]
 
249_07.JPG
 
しかし空中戦の末戦闘獣に撃墜され
 
249_08.JPG
 
ボスボロットもやられてしまう
 
249_09.JPG
 
業を煮やしたシローがカオリちゃんを連れてきます
「何するの!」「いいから来るんだ!!」
 
249_10.JPG
 
「よく見るんだ!おまえのために鉄也お兄ちゃんが出撃しないから
ジュンお姉ちゃんは一人で戦っているんだぞ!!」
 
249_11.JPG
 
 249_12.JPG
  
249_13.JPG
 
 「鉄也君!君は小さい頃から兄妹のように育ってきたジュンを
見殺しにするつもりなのか!!」
 
249_14.JPG
 
 やっと出撃する鉄也の胸にカオリの言葉が突き刺さる。
「あんたなんかジョンの百倍も千倍も
苦しめばいいのよ!!」
 
249_15.JPG
 
「償うんだ。グレートマジンガーの真心がカオリちゃんに伝われば
あの子の心は元のように明るく・・・!」
 
249_16.JPG
  
出撃したグレートマジンガーだったが無抵抗で攻撃を受けている
 
249_17.JPG
 
「どうして鉄也お兄ちゃんは反撃しないんだよ、お父さん!!」
「鉄也君はこのカオリちゃんに償おうとしているんだよ」
 
249_18.JPG
 
「えっ?!」
 
 249_18_1.JPG
  
なおもやられ続け耐える鉄也
  
249_19.JPG
 
「鉄也・・・」
避難したジュンとボスが心配そうに見守る
 
249_20.JPG
 
 
敵はフードを攻撃してくる。
絶体絶命のピンチ!!
 
249_21.JPG
 
249_22.JPG
   
「お兄ちゃん!!戦闘獣に負けないでやっつけて!!」
カオリの叫ぶ声が聞こえた
 
249_23.JPG
 
「わかってくれた!!カオリちゃんがわかってくれたぜ!!」
  
249_24.JPG
 
 「おのれ!倍にして返してやるぜ!
アトミック・パンチ!!」
  
249_25.JPG
  
グレートマジンガーの反撃に戦闘獣は大破した
  
249_26.JPG
  
 
249_27.JPG
  
 
249_28.JPG
 
 
「よかったわ、カオリちゃんが優しい心を取り戻して!」
「悲しみを一つ一つ乗り越えて豊かな人間になっていくんだ。
このことはシローもよく覚えておくんだな」
「はい!」
夕焼けの中、鉄也はカオリをジェットバイで送っていく。
 
249_29.JPG
  
「お兄ちゃん、止めて!」
「どうしたんだい?」
「ほら、一番星が」
「ホントだ」
  
249_30.JPG
 
249_31.JPG
 
「どこ見てるの?」
「カオリちゃんの目に映ってるよ」
「うふっ・・・」
  
249_32.JPG
 
249_33.JPG
 
 
 
戦闘のプロである鉄也がどうして少女に責められただけで
深く傷ついてしまうのでしょう。
それはやはり家族がいないためふりかかる物事を
自分一人で背負わなければならないからだと思います。
立つ瀬が無いということですね。
(それにしてもカオリという少女は
一人前の自己チュー女性のように残酷でしたね^^;)
 
雑誌のインタビューで鉄也の声優の野田圭一さんが
彼の内面が出るときはとてもやりがいがあったと語っておられました。
36話は素晴らしい熱演を聞くことができます♡
完成度が高い見応えのある回なのでおすすめです。
 
また次回[ー(長音記号1)]

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

コメント 4

たかおじー

昔の少年向けアニメは熱いですよね。わかりやすさを求めたからかちょっと極端になりがちなところがあります。
多分子供の頃はそういうことで入りやすかったんだろうなと思ったりします。
by たかおじー (2019-06-26 06:36) 

Lee

コメントありがとうございます。子供向けの企画という制限の中でメカニックやキャラの魅力を引き出す脚本を毎週作る奮闘努力を感じます。制作者サイドにとっても70年代は熱い時代だったのでしょうね。
by Lee (2019-06-26 10:41) 

Taro

とかく冷たく見られがちな鉄也ですが、ちゃんと優しい一面も。だからこそ魅力的なんですよね。

甲児さやかのスイートな2人に比べてクールな鉄也ジュンのビタースイートな関係は大人ですよね。

いつもストーリーの紹介楽しみにしています。
by Taro (2019-06-27 06:41) 

Lee

コメントありがとうございます。ビタースイートな関係!ナイスな表現ですね^^やはりこの時代子供向けだったのでラブシーンは描けなかったのでしょう。思わせぶりな表現がかえって色っぽく今なお想像して楽しんでいます。
by Lee (2019-06-27 19:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013