So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

グレートマジンガー愛 19話 雪よ若い血潮を染め抜け!!(後編) [アニメ]

ようこそです。 


グレートマジンガーはマジンガーZの続編として

1974~1975年に放映された

永井豪原作、東映動画製作の巨大ロボットアニメーションです。 

202_02.jpg

ハーフのヒロイン炎ジュンが黒い肌に悩む19話の後編です。

GM_19_00.JPG

 
戦闘を放棄したジュンはビューナスAを降り教会で苦しみを告白しています。

GM_19_34.JPG
GM_19_35.JPG
 
「神様、あたしは戦うことができません。たとえあの戦闘獣を倒しても
あたしの肌は白くならないのです・・・平和がやってきても
孤児であるあたしの苦しみは変わらないのです。
どうか生まれ変わらせてください。」
 
(う~ん^^;こちらは生まれ変わったらジュンになりたいのに)
 
GM_19_36.JPG
「ジュンさん、あなたが一人だけ救われればそれで良いのでしょうか。
あなたには同じような兄弟がたくさんいるはずです。
でも彼らはあなたのように戦う力を持っていません。
あなたは戦えない人の代表として悪と戦っているのですよ」
「でも!あたしは・・・!!」
 
GM_19_37.JPG
グレートマジンガーは戦闘獣に苦戦。
鉄也は海底の戦いの後で疲れています。
GM_19_38.JPG
教会にボスがやって来て
「ジュン!グレートマジンガーが危ない!
早く行ってやってくれ!!」
GM_19_39.JPG
「ジュンさん、剣鉄也さんも自分の境遇に負けまいと頑張っています。
神様にこの命を授かっている以上、あなたのすべてをぶつけて
悪と戦うべきです。それがあなたと同じような
境遇の人の希望なんですよ。もう一人でも
戦いの被害者を出してはいけない。」
GM_19_41.JPG
 
「ジュン、グレートマジンガーを助けてやってくれよ!
おれは鉄也がきらいだ。だけど今そんなこと
言ってる場合じゃないんだよ!!」
GM_19_40.JPG
 
「そうだ。さっき町で逃げ迷った人たちに
あたしのような人を一人でも出してはいけないんだわ・・・」
GM_19_42.JPG
 
「鉄也待ってて。あたしは戦いを憎む人の代表になって
戦闘獣と戦うわ。それがあたしがこの世に生まれた
使命なのよ。肌の色なんか問題じゃないんだわ。」
GM_19_45.JPG
GM_19_46.JPG
「鉄也!あたしにやらせて!」
GM_19_47.JPG
「バカ!おまえにかなう相手じゃない!!」
GM_19_48.JPG
ミサイルを発射するもやられるビューナスA
GM_19_49.JPG
「やったな!」
グレートマジンガーがとどめをさす。
GM_19_50.JPG
 
戦い終わり研究所のデッキにたたずむジュン。
GM_19_51.JPG
GM_19_52.JPG
 
「あら!鉄也怒ってる?」
 
GM_19_53.JPG
 
「そんなヒマねえや!ちくしょう、おれはカーッとしすぎるんだな。
少し頭でも冷やそうと思って来てみたら
先客があったってわけよ!」
GM_19_54.JPG
「あたしのこと?おあいにく様。
あたしは銀世界の夕陽にみとれていたのよ」
GM_19_55.JPG
「こいつ!かっこつけちゃってえ!」
GM_19_56.JPG
 
GM_19_57.JPG
 
「ジュン、見ているか。あの雲は君の若い血潮で
染め抜いたように燃えているじゃないか。
それが青春の色だ。人間の色なんだ。
おまえの色なんだよ。」
 
GM_19_58.JPG
 
GM_19_59.JPG
 
所長のセリフが胸を打つラストシーン。
ジュンが肌の色でいじめられたのはもう過去のこと。
今は所長や鉄也にボスたちがそんなことは関係なく
ジュンを好きなのに、幸せは気づかないものなんですね。
 
白い雪の降りしきる日に黒い肌の色で悩む演出が心憎い。
ジュンのキャラクターができた時点で
考えられていたストーリーで
プロデューサーの横山賢二氏がBGM(ジュンの歌)
まで指定し力をいれたそうです。
 
でもジュンの女心はやっぱり男性陣にはわかってないのでは?
あんなに泣いていたのに正義や青春以外の何かが
年頃の女性としてはほしい・・・
ここはこの人にひとこと言ってもらわなくては。
そんなわけで、あったら嬉しいシーンを描いてみました♡
 
 
GM_19_05_1.png
 
次のグレート愛は鉄也とジュンが出会った頃の話です^^
 
 
また次回[ー(長音記号1)]

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013