So-net無料ブログ作成

「福翁自伝」② [読書]

ようこそです。 

慶応3年34歳の諭吉は再びアメリカへ渡ります。 

このときはワシントンに周り軍艦を買うなどした。
胸の内は開国とは名ばかりの幕府や攘夷勢力への不信を抱えている。
それを知ってか帰国後外国奉行から謹慎を命ぜられ
引っ込んで「西洋旅案内」を書いていた。

 225_03.jpg
ざん切り頭がまだサマにならない[ー(長音記号1)]

 

世の中いよいよ王政維新の始まりで物騒になってきたが
福沢本人は政治に関係しないスタンスをとっていた。
”人に軽蔑されても下の者を辱めることはできない”
という家風が父母共にあり、立身出世や故郷に錦を飾ることは
気恥ずかしいものであった。
御紋服を拝領してもその日のうちに売り払い
禄をもらって旗本となるも殿様という呼称は使わなかった。
  
江戸で維新の戦いが始まったその頃、新銭座に普請し慶應義塾を開く。
上野で鉄砲が鳴り響いているときに経済(エコノミー)の講義をやっていた。
「世の中に如何なる騒動があっても慶應義塾は一日も休業したことはない、
この塾のあらん限り大日本は世界の文明国である、
世間に頓着するな」と生徒を励ました。
義塾では生徒から毎月金を取る授業料をはじめて採用する。
目上に対し必要以上の敬礼は廃止。
東洋に欠けるのは数理学と独立心とみなしこれに重きを置く。
島原藩の屋敷を東京府より買い、慶應義塾は三田に移る。
  
維新前後は暗殺の心配に悩まされた。
三田構内の住まいの床下に逃げ道を作っておいたり
国内を旅行中は恩師やいとこにも警戒怠りなく
名前を伏せて逃げなければならなかった。
明治8年ごろから暗殺のターゲットが政府の役人に代わり
洋学者は免れるようになった。  
時代は進み元士族も廃刀。
”人の知恵を借りず人の指図は受けず
人間万事天運にあり”と自力本願の気風を貫く。
商売には頓着しないが著者翻訳に関する出版については
紙や職人を集め製本を直轄にした。
  
何事にも執着せず世間や人との距離をとり
慣習にしばられず着々と思うところを遂げる。
酒の席で色事の話が出ればこれをかわし
女性と同席しようと特に意識することもない。
結婚して九人の子をもうけたが
軽重愛憎、秘密のない家風。
遺言状に関して”死後見せることを生前に言うことが出来ないとはおかしい。
タンスのひきだしに入っているから皆よく見ておけ。
俺の死んだ後で争うような卑劣なことはするなよ”
と言い笑っていた。
  
当時の受験地獄にも苦言を呈す。
子供のうちは身体第一自由に育てるべき。
長男次男を帝国大学の予備門に入れたら
体を悪くし手当てして返したらまたぶり返す。
時の文部省長官に意見しても変わらず
”東京大学は少年の健康屠殺場”と批判、
慶應義塾を卒業後アメリカに留学させた。
  
225_06.jpg
洋装も貫禄がついてきました[揺れるハート]
  
開国しても政府の役人の体質が肌に合わず
なろうとは思わなかった。
”一国の独立は国民の独立心から湧いて出る。
全国男女の気品を高尚に導き文明の名に恥じないようにしたい”
と立派な志で締めくくっています。
  
本書の解説で慶應義塾塾長をつとめた小泉信三は
”福沢が生きた時代について多くを語る。
彼の批判力はその描写をおかしみのあるものにし
優れた戯画を描く”と書いています。

  
  
「福翁自伝」印象に残ったのは
世間と距離を置き物事にこだわらない福沢の性格です。
まだまだ江戸時代の因習が色濃い中
その態度を貫きながらあれだけの業績を残せるものなのか。
ならば現代でもどの時代でも悪しき風潮に流されず
真に有効なことのみを考え実行できるに違いない。
一方で文明開化の激動の時代に
生まれるべくして登場した運命を感じます。
偉大な人物は大きい視野をもって
時代を牽引し歴史を作るのだと改めて感じる一冊でした。
  
225_0.png
また次回[ー(長音記号1)]



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

「福翁自伝」① [読書]

ようこそです。 

「福翁自伝」は明治30年の口述速記に自ら加筆訂正後出版されたもの。 

いまや一万円札の顔となった福沢諭吉が

激動の時代を生きた60歳までの生涯を

余すところなく伝えた読み応えある一冊です。


生誕地は大阪ながら出自は豊前(大分県)中津の

下級武士の家で1835年に誕生しました。

 224_01.jpg
若い写真はすこぶる男前[揺れるハート]

 

漢学者でもあった父は封建制度にしばられ不遇のうちに早世した。
そのため”門閥制度は親の敵でござる”と思いながら育つ。 
子供の頃は遊んでいたが14、5歳より地元の塾で漢書を学ぶ。
手先が器用で障子の張り替えや下駄、屋根の修繕などの引き受け役で
そのうち金物細工などの内職を手がける。
世間にかまわずマイペースで神社のご神体を
迷信だとその辺の石とすり替えたいたずらも。
漢書の中の”喜怒色にあらわさず”を気に入り金言とする。
  
21歳に長崎へ遊学に出て初めてオランダ語の原書を読む。
ここでも生来のマメさを発揮、
滞在先の掃除水くみ動物の世話など一切をやり重宝がられた。
  
ソレカラ江戸を志す手前で大阪に行き
蘭学の緒方洪庵の塾(適塾)で頭角をあらわす。
(口述ゆえソコデ、ソレカラとカタカナ表記が面白い)
23歳の時兄が病没し福沢の家督を継いだ。
同じ塾で徳川家藩医の子の手塚良仙(手塚治虫の曾祖父)にも出会っている。
塾風はバンカラ、酒に強く夏は素裸 、翌年塾長になる。
  
25歳に藩命により江戸へ出て鉄砲州の奥平家を間借りして
蘭学塾をひらき、これが慶應義塾の起源となった。
翌年横浜見物の際、オランダ語が外人相手に役に立たず
ショックを受け、慌てて英語の勉強に切り替える。
  
1860年いよいよ咸臨丸に乗り込み
浦賀よりサンフランシスコを目指す。
(勝海舟、ジョン万次郎も乗船)
航海は揺れに揺れたが
”何のことはない、牢屋に入って毎日大地震にあっていると
思えばいいじゃないか”
と強気でオランダから買った船を信じていた。
  
アメリカでは大歓迎、初めて見る馬車
じゅうたん、シャンパン、ダンス[ぴかぴか(新しい)]
工場見学でメッキ技術や砂糖の精製法を見たが
案外知っていることが多く
それよりも政治経済を知りたかった。
  
とある写真店でそこの15歳の娘とツーショットをとり
みせびらかす茶目っ気を発揮
224_03.jpg
さすが大物、当時にして少しも物おじしませんね^^;
  
この頃日本では桜田門外の変が起き
攘夷論が盛り上がっていた。
帰国後は幕府の外国方(当時の外務省)に雇われる。
  
翌年結婚、1862年ヨーロッパ旅行へ出発。
ロンドン、パリ、アムステルダム、ベルリンから
ロシアのペテルスブルグまで周遊。
至る所で歓迎に合う。
幕府のお目付役が同行し見物にまで付いてくるので
日本の鎖国をかついできたようだと苦笑した。
ロシアでは外科手術の見学で
血をみて気が遠くなり担ぎ出される。(唯一の弱点?)
またあるときロシアにとどまらないかと
こっそり勧誘をうけ、気の知れない国だと思った。
”外国の人にわかりやすいことで字引にも載せないことが
こちらには一番むずかしい”
病院、銀行の仕組み、郵便法、徴兵令
選挙法、政党の関係などなど
これらをまとめて後に「西洋事情」に著す。

  
帰国後、攘夷論はますます高まりを見せ
いつ戦争となるか一触即発の機運。
逃げようとするとき役に立たない物は
さんざん買い占めたが重くて持てない米と味噌だと
ユーモアを忘れない。
薩摩と英軍が開戦、身の危険を感じ外交機密文書を焼却、
刀剣を売り払い、世間をよそに著書翻訳に励んでいた。
  
いやはや江戸から明治への激動期
福沢の人となりも一筋縄でなく記事をまとめるのに大苦戦^^;
  
後半に続きます[ー(長音記号1)]
224_0.png



nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:

「無冠の父」 阿久悠 [読書]

ようこそです。 

「無冠の父」 阿久悠 

昭和歌謡曲の作詞家で知られる著者の自伝的小説。 

 1993年に執筆されたが編集者の改稿を拒み未発表作品だった。

2011年遺族の了解を得て刊行される。

淡路島の巡査だった実父をモデルに戦争の時代を背景に

丹念に描いたものです。

 
book.jpg
※最新版は岩波現代文庫あり

 

第一章 訃報 

冒頭にマスコミの取材に対し
親について語ることへの考えが書かれる。 
ひとことで言えば「恥ずかしいじゃないか」
インタビューを受ける多くの成功者が個性豊かな親たちを
ことさらに得意げに語る様子に違和感を感じるのだ。
ヨーロッパ旅行中の語り手、
作詞家の阿井丈(本名:深沢健太)と妻は
突然の父の訃報を受け帰国の途につく。
唐突に父の言葉を思い出す。
「お前の歌は品がいいね」
 
第二章 巡査
  
「私の父の深沢武吉(ぶきち)は生涯巡査であった。」
巡査の子と他の子供たちの間には見えない壁があった。
巡査というものは国家の側の人間で土地に根付かない。
玄関前で上半身裸で竹刀を振る様子は
町の人々には立派な威嚇と見えた。
「弱くて後退するのでなく強くて譲る」
ような男になれとも言っていた。
子供の方は、踏み外してはならないという本能と、
何が何でも踏み外したいという精神の葛藤が渦巻いていた。
  
第三章 俳句
  
太平洋戦争に突入後昭和一八年、
国民学校に入学した健太は優秀な級長だった。
ヒステリックな女教師に鬼畜米英の玉投げの的になれといわれ
切腹すると泣いた。駆けつけた父親は
「巡査の子に恥は禁物や・・・こんなチビでも死にますぜ。」
と低い声で恫喝した。
昭和二十年八月十五日、終戦の日は
確たる証拠もないのに青空だった鮮烈な記憶が残る。
父は実に淡々とわしは腹を切るからと言いそうな気がした。
「健太、あんた、ぼくもなんてことを言うんやないよ」と母。
(大変な状況ですがここはちょっと笑えますw)
しかし父は少し酒を飲み縁側に座ると
しみじみと俳句を詠んだ。
「松虫の 腹切れと鳴く声にくし」
「この子らの 案内(あない)頼むぞ 夏蛍」


第四章 肖像
  
家族ともに赴任先では意識して真の友人を持たないようにしていた。
それでも例外に世俗的な同僚がいて、
戦死した長男の遺影を描いてもらう。
戦後を迎え、姉が一番風呂に入った事件に時代の変化を感じた。
(それまでは絶対的に父が一番に入っていた)
  
第五章 格言
  
帰国した健太と妻は親族と父の告別式を行い
様々な回想がよぎる。
大学受験を前にした面接の帰り、
珍しく映画館で「二十四の瞳」を見た帰り道
「わしの中には恥ずかしさがありこれを守り抜こうと決心した。
他人に見せたらあかん五箇条、一つ、金をかぞえとるあさましい姿
一つ、ものを食べる姿や顔、一つ、便所に入っている姿、
一つ、嫉妬する顔、一つ、男と女が交合する顔
知っておいてくれ、お前に守れということではないがな」
告別式での伯父の言葉
「弟ながら面倒くさい男でな・・・自分を低く見る。
しかし他人から低く見られるのは耐えられない。
だからせめてきれいに生きたいとする。」
  
長嶋有氏の解説に、
「昭和」が書かれているのだろうと読んでみると
「品のいい」繊細な文章だった。
ピンクレディーや沢田研二などけれんに満ちた
歌謡曲のイメージとほど遠い、
とありますがまったく同感でした。
平たく言うと「渋い」そしてかっこよすぎる。
今の時代遠くなってしまった昔の男の生き様が
あくまで地味に丁寧に、文字通り「品」のある書きぶりで
すごく好感が持てました。
  
  
※個人的にはグレートマジンガーのスピンオフで^^
鉄也の実父を殉職した警官の設定で描こうという目論見があり
参考に佐々木譲「警官の血」も読みましたが
若干エンタメの要素が強い。
こちらは偶然みつけた掘り出し物でした。
おすすめです[ひらめき]
207.png


また次回[ー(長音記号1)]  

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

カズオ・イシグロ 「日の名残り」 [読書]

ようこそです。

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ

「日の名残り」THE REMAINS OF THE DAY (1989)


IMG_8896.jpg
英国の名家ダーリントン・ホールの執事スティーブンスは

1956年現在アメリカ人に仕えていた。

休暇の一人旅に出た彼は様々な過去の出来事を回想する。


1920~30年代にダーリントン卿のもとで働いた輝かしい時代。

父の死、女中頭との関係、館で催された国際会議。


旅の終わりにスティーブンスは

ダーリントン卿が実はナチスに操られ

女中頭ミス・ケントンが自分に思いを寄せていたことを知り

ショックを受け涙に暮れるのだった。


目の前で事件が展開されながら

無意識に目をそらし取り合わない主人公。

違和感を抱えながらも時を経て真実を知り、

それに気づかなかった自分にがく然とする。



どこかで読んだようなテーマだと思えば以下の2作品でした。


一つはアガサ・クリスティーの

「春にして君を離れ」Absent in the Spring(1944)。

夫や子供に恵まれ何不自由ない生活を送ってきた女性が

旅の道すがら人生に疑問をもち、実は周囲に無関心だったこと、

そしてやはり当時ナチスに対する国際情勢にも

無理解なことが露呈する。


※ちなみにすてきな邦訳タイトルとカバーですね

IMG_8895.jpg



もう一つは浅田次郎

「椿山課長の七日間」(2002)。

過労死したデパートの椿山課長が七日間の約束で現世に戻ると

ぼけていなかった父親、妻の不倫、そしてやはり元同僚の思慕などの

真実を知るのだった。



英国と日本という本音と建て前が歴然とある国で

起こりがちなシチュエーションかもしれません。

また人間の普遍的な愚かさのテーマでもあるでしょう。

空気が読めない、「気づき」の欠落ゆえに

とりかえしのつかない結末。



一方で上記の主人公たちは皆、発達障害の一種ASD

(アスペルガー症候群とも呼ばれた社会的コミュニケーションの障害)

という可能性も考えられます。

もしそうなら小説で倫理的に断罪されることは

根本的に見直す必要があるのでは。

文学史が書き換えられるかもしれませんね^^;




189_1.png


また次回[ー(長音記号1)]


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:

内田百閒 第一阿房列車 [読書]

ようこそです。
 
夏目漱石の弟子で猫の失踪を描いた「ノラや」などの作品で知られる
内田百閒。 (”閒”が表示できたことにまず感激[目]) 
 
名うての頑固者で鉄道オタクの百閒先生は 
昭和25年(1950)還暦を過ぎた頃
”何にも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う”
を実行にうつしました。 
 
 IMG_7851.JPG
 
 心臓に不安があるため、当時の国鉄職員で
先生のファンでもあった通称”ヒマラヤ山系”氏を
お供に従えいざ出発[ひらめき] 
 
 
095_1.png
 
  
シリーズ化された阿房列車の旅ですが
第一巻だけで大阪、鹿児島、青森、秋田と
日本縦断のスケール [電車]
 
しかし名所旧跡や郷土料理には目もくれず、
ひたすらお酒を飲みながら車窓の景色を眺めるだけ。
 
時間の拘束に背を向けた浮世離れした旅ゆえに、
乗り換えの失敗で駅のホームで一度ならず2時間待ちも・・・
 
095_2.png
 
  
ドイツ語の教授だったので、さすがハイカラ。
 ボイ、ウィスキイ、トウスト など横文字が飛び出します。
かつての教え子(この呼び方が嫌いで作中では学生と表記)が
奥さんを「うちのフラウ(Frau:ドイツ語)」と語るなどは
なかなかありません。
 
えらい先生ですから見送りはもちろん、
行く先々で接待を受けます。
ヒマラヤ山系は国鉄職員なので全国に顔がきき、
切符の手配や宿探しなど旅の不安も無し 
 
095_3.png
 
のらりくらりと百閒先生の時間軸に沿って観察された
よしなしごとが綿々と綴られている一冊。
(気の短い人はイラッときそう[むかっ(怒り)]
うんちくさえありません。あるいは意図的にはずしたところに
妙味があるという作戦なのでしょう。
 
まさに内田百閒の世界を味わえる一冊 [本]

 
※書評の秀逸なこちらのブログに影響を受けて読んでみました
 
 
095_4.png
 
 また次回 [ー(長音記号1)]
 

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013