So-net無料ブログ作成
スコットランド ブログトップ
前の5件 | -

エディンバラ旅行記_7 [スコットランド]

ようこそです。

ロンドンのキングス・クロスといえばハリー・ポッターが
ホグワーツ特急に乗って魔法学校へ旅立った駅。 
こちらは逆にスコットランドから到着しました [電車]
 
hp_1.jpg


3日目④:東海岸特急

ホテルの部屋の窓から聖ジャイルズ大聖堂の王冠が見える。
石灰岩で造られた旧市街の建物は黒ずんでいい味わいを出している。
名残惜しいが今日はロンドンへ出発する日だ。 
 
b108_01.JPG
 
急こう配、急角度で曲がりくねったコックバン・ストリートを
スーツケースと共に下るのは至難の業だ。
ゴロゴロと先走る荷物を御しながら
かつては水たまりの底だったウェイバリー駅へ向かう。
 
b108_02.JPG 

ウェイバリーブリッジには空港行きのバス、エアリンクの姿も見える。
工事中の狭い仮通路から駅の構内に入った。
 
b108_03.JPG 
 
メインホールはヴィクトリア時代の円いガラス屋根と
天井の装飾が美しい。
19世紀様式の鉄骨とガラスの窓からは
朝のやわらかな光がふりそそいでいた。
 
 b108_04.JPG
 
10:30のロンドン行きの列車到着まで時間がある。
トイレに行こうとしたら案の定有料・・・
30ペンスの硬貨を入れると
回転バーが動いて中に入れる仕組みだ。 
 
108_4.png
 
 電光掲示板を見ると
ロンドン行きは1番線に到着する。
果たして一番端っこのマイナーホーム。
ウェイバリー駅の中央にはスコットランドの
他都市行きのホームが並んでいた。

 
b108_05.JPG
 
1番線に乗客たちが集まってきた。
今更ながらエディンバラは始発駅ではないのだ。
 
b108_07.JPG
 
EAST COAST と書かれた
薄汚れた車体が到着すると
一抹の不安がよぎった。
 
b108_08.JPG 
 
 ホームと車体の間に横たわる大きな隙間を
エイヤッとスーツケースを持ち上げて乗り込んだ。
 
二等車両はほぼ満席状態。チケットの指定席を見つけると
2人席の通路側に座った。
反対側の4人席では 若者たち3人がビールで盛り上がっている[ビール]
 
108_2.png
 
 
列車はしばらく羊たちのいる草原を走った後、北海沿岸に出た。
一度は見たいと思った景色が反対側の車窓を流れて行く。
若者たちをスルーして何とかデジカメの照準を合わせた[カメラ]
 
 b108_09.JPG
 
b108_10.JPG
 
b108_11.JPG
  
ロンドンまでは4時間を超える長旅。
途中ニューカッスルでは乗客の出入りが多かった。
4人席にラップトップを広げていた怪しげな中年男性は
指定席の乗客が乗って来ると
そそくさと違う車両へ移っていった[ダッシュ(走り出すさま)] 
 
b108_12.JPG
 
b108_13.JPG
 
ヨークでは駅の柱にあしらわれた紋章が可愛かった。
 
b108_14.JPG
 
 定刻の14:50 キングスクロスに到着 [ひらめき]
ハリポタの9 3/4ホームを見る余裕もなく
人波に乗って改札を出るとチューブ(Tube:地下鉄)へ向かった。
 
b108_15.JPG
 
b108_16.JPG
(写真の半裸の男性はいったい・・・[たらーっ(汗)]) 
 
 
プリペイドのオイスターカードをネットで買っておいたのは大正解[手(チョキ)]
2012限定デザインのおまけつきだった[ぴかぴか(新しい)]
 
 IMG_8518.JPG

 
※エディンバラ旅行記にご訪問ありがとうございました。 
ロンドン編は後ほど改めてお送りする予定です。 

108_3.png


 
また次回[ー(長音記号1)]




nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エディンバラ旅行記_6 [スコットランド]

ようこそです。

グレイフライアーズ・ボビー(Greyfriars bobby)はスコットランドの忠犬ハチ公。
1858年にエディンバラ市警のご主人が亡くなってから
14年間もお墓の隣に座っていたそうです。
 
bobby.jpg


3日目③:グレイフライアーズ・ボビー

ホリールード宮殿の見学を終えると
ロイヤルマイルには戻らず違う道を選択した。
 
map_01.JPG
 
map_02.jpg 

スコットランド議会の裏手にまわり
ロイヤルマイルに平行するホリールード通りに入ると、
スペインの建築家が設計した斬新なデザインが見られた。
 
b107_02.JPG 

心配した驟雨は収まり、程なくソールズベリー・クラッグスを背景に
白いテントを広げたような建物が現れた。
 
b107_01.JPG 
 
ダイナミック・アースでは地球年代記のアトラクションを
見ることができる。 
 
この辺りは近代的な建築が続く。
濡れた路面には色づいた葉が散らばり
二階建てのバスが走って行った。
 
b107_03.JPG 
 
日本と同じく赤い色のポストが立っている。
胴にあるGRの文字は先代のジョージ6世の治世を示す。
 
VR:ヴィクトリア女王
EⅡR:エリザベス2世
 
と、それぞれの設置時期がわかるようになっていた。
 
b107_04.JPG 

ふたたび旧市街らしい建物が増えてきた。
行く手に橋のトンネルが見え、上を歩行者が通っている。
地図によるとサウス・ブリッジだ。
 
b107_07.JPG
 
トンネルをくぐると右手にロイヤルマイルへ続く坂道がある。
ここを上ればホテルに着くのだが、
忠犬ボビーの像に行きたいのでさらに先へ進む。
 
b107_06.JPG 

曲がりくねった坂道の下に
石造りの古い水栓がある広場に出た。
グラス・マーケットは中世の刑場跡だったが
今ではお洒落な店が並んでいる界隈だ。
 
b107_09.JPG 

ボビーの像は何処にあるのだろう?
そのまま進むと違うような気がしてUターンすると、
細い急な坂道から子供連れが降りてきた。
 
107_2.png 

 
右手の塀の中に緑がある坂を登れば、
三叉路の中心に赤い御影石に載った
グレイフライアーズ・ボビーの像があった。
 
向かいに同名のパブがあり、
背景に写るように像の向きを変えたのだという。
辺りは写真を撮る子供たちで賑わっていた。 
 
b107_10.JPG
 
スコットランドにはタウザー(Towser)という名物猫もいる。
ウィスキー蒸留所で1987年に亡くなるまでの24年間
何と28,899匹のネズミを捕まえて 
ギネスブックに記録されているつわものだ[パンチ]
 
107_3.png 

近くには円柱の建物のスコットランド博物館があった。
残念ながら時間がない[たらーっ(汗)]
 
b107_11.JPG
 
三叉路から伸びるジョージ4世橋から
ロイヤルマイルへ向かった。
 
橋の下にはさっき通ってきた墓地が見えた。
グレイフライアーズ教会にはボビーの墓がある。
17世紀には宗教上の争いで多くの犠牲者が出た所でもあった。
 
b107_12.JPG 

旧市街に夜の帳が降りる。
フランケンシュタインという名のパブを通り過ぎた。
薄暮の空にスコットランド旗がたなびいている・・・
 
b107_13.JPG 

不意に目の前に雪だるまの立て看板が現れた。
 
b107_14.JPG
 
ホテル・ミッソーニ[クリスマス]
ジグザグ模様のニットで知られるイタリアのデザイナーズホテルだ。
タータンチェックの地にミッソーニとは、何とも斬新な取り合わせ。

こちらは目の前のロイヤルマイルを右折すると
地味なビジネスホテルへと向かった。
 
107_4_m.png
 
また次回[ー(長音記号1)]




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エディンバラ旅行記_5 [スコットランド]

ようこそです。

16世紀のスコットランドの女王メアリー・スチュアートは
悲劇的なエピソードに彩られた人生でした。
ホリールード宮殿の居室では
嫉妬に狂った夫により、
愛人の男性が殺されるという事件が起こっています。
 
15mary.jpg
 
 

3日目②:ホリールード宮殿
 
 
b106_01.JPG 
ホテルの部屋を出ようとしたら
けたたましいサイレンが廊下に鳴り響いた。
隣室のお客と顔を見合わせたものの
火事の気配はなく、そのうち非常ベルはおさまった。
 
106_1.png 


ロイヤルマイルを早足で下る。
昨日入り損ねたホリールード宮殿の見学に
今日は何としても間に合わなくては[ダッシュ(走り出すさま)]
 
b106_02.JPG 

坂の下へ行くにつれ観光客は少なくなり
地元の人が目立つ。
左側にお菓子の家の様なキャノンゲート教会があった。
17世紀に建てられた由緒ある教会には
アダム・スミスも眠っている。
宗教上の争いで破壊されたホリールード修道院を
ここで引き継いだという。
 
b106_03.JPG 

クイーンズ・ギャラリーは王室コレクションの宝庫だ。
レンブラントの絵画を始め、王族が使用していた家具や
工芸品も見ることができる。
 
b106_22.JPG
  
ロシアの職人に作らせたヴィクトリア女王の
卵型の宝石箱はひときわ可愛らしかった[かわいい]

 106_2.png
 

いよいよホリールード宮殿に入場する。
今でもエリザベス女王がスコットランドの訪問の際に滞在し
その時は見学が出来ない。
 
b106_04.JPG 

階段を上がると華麗な部屋が次々に現れる。
いずれも立派な肖像画や
赤と緑を基調にしたタペストリーに飾られている。
 
b106_23.JPG 
 
b106_06.jpg 
 
グレート・ギャラリーではスコットランド人の叙勲が行われ、
あのショーン・コネリーも栄誉を得た。
 
sconnery_04.jpg 
 
俳優になる前はエディンバラで
牛乳配達などのアルバイトをしていたそうだ。
 
 
106_3.png 

メアリー女王の居室は案外こじんまりとしていた。
ここで愛人とされるイタリア人秘書ルッチオが
夫のダーンリ卿により斬殺されたのだ。
 
b106_07.JPG 
 続く部屋にはメアリーの髪の毛や日用品の中に
裁縫道具が展示されていて
当時の生活が偲ばれた。
 
 
宮殿を出るとホリールードアビィの廃墟があった。
12世紀に建設されたが16〜17世紀に
宗教上の争いで破壊の憂き目にあう。
 
b106_09.JPG
 
屋根が落ち壁面が残る絶妙のバランスは
ここを訪れたメンデルスゾーンも
作曲のモチーフにしたほど美しい。
 
b106_10.JPG
 
修道院から小道に沿って歩くと、
ぐるりと広大な庭園を巡るコースになっている。
 
b106_11.JPG
 
b106_12.JPG 
 
芝の中には廃墟の礎石の様なものが残っていた。
 
b106_13.JPG
 
b106_14_2.JPG 
 
b106_14.JPG
 
 
b106_14_1.JPG
 
b106_15.JPG
 
 
b106_16.JPG
 
ソールズベリー・クラッグスの丘陵が迫る
門まで戻ってきた。
売店では女王陛下在位60年の
ダイヤモンド・ジュビリーのグッズが充実していた。(2012当時) 
 
b106_17.JPG
  
b106_19.JPG
 
遅い昼食をとろうと別棟のカフェに入った。
広々と気持ちの良い空間のテーブルには
スコットランドの国花、紫色のアザミ
(thistle:シスル)が飾られている。
 
b106_21.JPG
 
b106_20.JPG
  

食事をしていると、目の前のガラス扉の向こうが突然暗くなった。
次の瞬間落ち葉が風に舞い、パラパラッと驟雨が降ってくる。
間髪を入れずにカフェの暖房が音を立てて入った。
季節の変わり目だ。もうすぐスコットランドに冬がやって来るのだ。
 
106_5.png
 
b106_18.JPG

また次回[ー(長音記号1)]


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エディンバラ旅行記_4 [スコットランド]

ようこそです。

いわゆるスコッチウィスキーの中で
シングルモルトとは
一つの蒸溜所で作られたものを指します。

エディンバラ城で買った小瓶は
スペイサイド地方のシングルモルトで
甘くふくよかな香りが素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]
b105_00.jpg
おつまみなど無くてもこれだけで
満たされてしまう感じです。
 

3日目①:ウィスキー博物館

宿泊ホテルは旧市街のメインストリート、
ロイヤルマイルのちょうど中間地点にあった。
岩山の頂上にエディンバラ城、
ふもとにホリールード宮殿を結ぶ通りは
距離にしておよそ一マイル(約1.6km)。
 
3日目の朝は上り坂をお城の方に向かった。(写真の手前方向) 
b105_04.JPG 
 
ところどころにクロースと呼ばれる抜け道がある。
b105_05.JPG
 
カシミアショップにはさまれた建物は
17世紀の商人の館、グラッドストーンズ・ランド 
 
b105_06.JPG 

ウィスキー博物館、
スコッチウィスキー・エクスペリエンスでは
見学ツアーが10:40から始まる。(2012当時)
b105_08.JPG
 
まだ時間があるので、向かいの
タータン・ウェービングセンターに入った。
グォングォンと紡績機の音がこだまする
吹き抜けの大空間には
往時のタータンを織る様子が再現されていて
周囲の通路から見ることができた。
b105_07.JPG

10:30にウィスキー博物館の受付に戻ると
10:40のツアーは既に満員だった。
やむなく次の11:00を予約して
ロイヤルマイルを下り、聖ジャイルズ大聖堂の
地下にあるカフェに入った[喫茶店]
 
105_2.png

穴ぐらの様な狭いスペースに
分厚い壁の窓から外の光が差し込んでいる。
教会の地下ということは墓所もあるのだろうか。
コーヒーを飲んだら、三たび
スコッチウィスキー・エクスペリエンスに急いだ。

受付にはアジア人などの観光客でいっぱいだった。
樽を半分にしたような三人乗りのカートに乗りこもうとした時
係が音声ガイドの言語をたずねた。
 
105_3.png 

ちょっと!せめて英語にする気遣いを
みせて欲しかった[むかっ(怒り)]
次の瞬間カートは無情にもゴトゴトと走り出した…
 
 
 105_4.png
 
ヘッドホンから流れるドイツ語のガイドを聞きながら
ウィスキーの製造工程の映像を追って進む。
こうもり傘を手にしたイギリス紳士が
狂言まわしの役割でなかなか面白い。
 
言葉はチンプンカンプンだったが、
良質の水と泥炭(ピート)を用いて樽の中で寝かせることで
芳醇なスコッチウィスキーができるというあらましがわかった。
 
105_5.png
 樽型カートを降りると、女性のガイドから
ウィスキーの種類についてレクチャーを受ける。
一口サイズの試飲コップと、
切り込みの入ったカードが配られた。
 
b105_09.JPG
 
スコットランドのシングルモルトは
ハイランド、ローランド、アイラ島、スペイサイドの
4つの地方に大別される。
カードにはそれぞれの特色のフレーバーを
示す写真があり香りがした。
黄:バニラ、緑:レモン、赤:燃える泥炭、青:バナナ
赤のアイラ島のスモーキーな匂いが
強烈に鼻をついた[どんっ(衝撃)]

レクチャーを終えて次の部屋に入った途端、金髪の女性が声をあげる。
「マイ ゴッド!」
 b105_10.JPG
 
壁一面のガラスケースの中は全てウィスキーボトルだった[ぴかぴか(新しい)]
 
b105_11.JPG 
マニア垂涎のコレクションを経て 
カウンターバーのあるコーナーに出ると、
ここで解散。自分は階下のショップに向かった。
 
b105_12.JPG
 
店内にはグラスや栓抜き、コースターなどが充実の品揃え。
おなじみウォーカーズのバタークッキーや、おつまみなどもある。
お土産にシングルモルトのミニボトルセットを買った。
 
molt_set.jpg 

昼すぎにホテルに戻ると部屋に急いだ。
午後は昨日入り損ねたホリールード宮殿に行かなければ。
 
エレベーターの扉が閉じようとしたその時、
朝食の席で見かけた推定90才のご老人が
杖を差し出しガッツリ扉を押さえてくれた[ひらめき]
 
 105_6.png

イヤ~ビックリ[exclamation]
乗り込んで丁重にお礼を言うと、
往年のジェントルマンらしく毅然とうなずいていた。

また次回[ー(長音記号1)]


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エディンバラ旅行記_3 [スコットランド]

ようこそです。 

サー・ウォルター・スコット は1771年エディンバラ生まれの詩人・小説家。

「アイヴァンホー」などの歴史小説を書き当時の人気作家として

スコットランド銀行発行のポンド紙幣に描かれています。

 b104_99.jpg

貴重なのでお釣りでもらった時はボロボロでも嬉しかったです[手(チョキ)] 

 

2日目②:新市街へ 

スーツケースが無事に戻ると部屋に帰って
荷物の整理やスマートフォンの充電などを行った。
気がつくとアッという間に夕方になり、
急いでロイヤルマイルを下って
ホリールード宮殿に向かった。
 
b104_01.JPG 

坂を降り切ったところに
木の枝を沢山突き刺したような
斬新なデザインの建物があった。
ここがスコットランド議会で、
スーツを着たビジネスマンが入っていく。
 
b104_02.JPG
 
右手には死火山の丘陵の一つ、
ソールズベリー・クラッグスが
巨大なテーブルのように迫って見えた。
 
b104_03.JPG
 
議会の向かいには宮殿と
クィーンズ・ギャラリーという美術館がある。
受付に行くと4:30を過ぎているので
宮殿の見学はできないと言われた。
仕方ない、今日は諦めて
新市街へ向かうことにした。
104_1.png
 
b104_04.JPG

ホリールード宮殿から脇道に入って
しばらく歩くとトンネルにぶつかった。
よく見ると上に円柱を頂き人が歩いている。
下をくぐると急に賑やかな新市街の通りに出た。
 
b104_06.JPG
 
 b104_07.JPG
 
新市街といっても18世紀に造られた街並みだ。
夕刻の人波に紛れてウェイバリー駅の方に向かうと
お城のように豪壮なホテルが
西陽を受けて黄金に輝いていた[ぴかぴか(新しい)]
 
b104_08.JPG 

バルモラルホテルの時計塔は
列車の乗客が乗り遅れないよう
長針を3分進めてあるという。
 
駅前広場からは
ソールズベリー・クラッグスの上に
白い月が掛かり幻想的な風景が見えた。
 
b104_09.JPG 

プリンスィズ・ストリートにそびえる
スコット・モニュメントは
一個人の作家の記念碑としては
世界一の大きさ。
中央にウォルター・スコットの白い像が鎮座している。
 
b104_10.JPG
 
b104_11.JPG

通りの向かいには1831年創業の老舗デパート、
ジェナーズ(Jenners)がある。
アニメ映画"イリュージョニスト"で
離島からやって来た少女が
憧れて入った店だ。
 
中には吹き抜けいっぱいに
クリスマスのデコレーションが飾られ
キラキラ輝いていた[ぴかぴか(新しい)]
 
b104_12.JPG

 新市街の通りを二階建てバスが走っていく。
ウェイバリー駅がある谷間の彼方に
エディンバラ城が見えた。
 
b104_13.JPG

夕食の前に買い物をしようと、
イギリスの靴メーカー、クラークスに入る。
二階の婦人靴売り場で
柔らかいデザートブーツを買った。
びっくりするほど軽い履き心地[ひらめき]
 
104_3.png
 
b104_13_1.JPG
 
プリンスィズ・ストリートに夕闇が迫る。
裏通りにある海の幸が評判の店、
マッスル・イン(Mussel Inn)に入った。
(Mussel:ムール貝)
 
b104_14.JPG
 
b104_15.JPG
 
生牡蠣半ダースにクラムチャウダー
白身魚のムニエル。
おまけにフランス風のパン、バゲットが食べ放題[レストラン]
お腹が苦しかったが
魚介類は新鮮で最高に美味だった。

店を出ると明後日のロンドン行き列車の切符を入手するべく
ウェイバリー駅に立ち寄る。
インターネットで予約した番号を入力すると、
バラバラッと3枚の紙が出てきた。
乗車券、特急券、領収書だった。
 
 104_4.png
 
コックバン・ストリートを登って
ロイヤルマイルに着くと、
ホテルに戻る前にスターバックスに入った。
 
暖かいカフェモカを頼んだら
ディズニーの白雪姫に出てきたような小太りの店員が
気前よくホイップクリームをのせてくれる。
 
104_5.png
 b104_17.JPG 
 
2階席は焦げ茶色の柱にテーブルが並ぶ
英国らしい落ち着いた内装。
 
窓の下のロイヤルマイルの
ゴミの回収が目に入らなければ
なかなかシックな夜だったのだけれど…
 
 
また次回[ー(長音記号1)] 

 


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - スコットランド ブログトップ
   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013