So-net無料ブログ作成
イングランド ブログトップ
前の5件 | -

ロンドン最終日 [イングランド]

ようこそです。
 
 9:00にチェックアウトし
ホテルに荷物を預けます。
 
122_1.png 
 
 
 最寄り駅グロスターロード。
80年代に訪れた当時は木製のエスカレーターやエレベーターがあり
産業革命のままのような趣でしたが
さすがにリノベされていました。
 
b122_01.JPG 
 
 チューブ(地下鉄)には乗らず
徒歩でサウス・ケンジントンへ 
 
朝の自然史博物館[ぴかぴか(新しい)] 
 
 b122_02.JPG
 
 初日に続き2度目のV&A(ヴィクトリア&アルバート美術館)
 
b122_03.JPG 
 
中庭を越えてカフェへ向かいます 
 
b122_04.JPG
 
ウィリアム・モリスのプロデュース
世界初の美術館カフェ 
 
b122_05.JPG
 
ちょっと暗いので隣の華やかなギャンブルルームでお茶しました[喫茶店] 
 
b122_06.JPG
 
 エッグタルトとカフェオレをモリス柄のトレーでいただきます[ひらめき] 
 
b122_07.JPG
 
ウィリアム・モリス(1834-1896)はイギリスの誇るマルチアーティスト。
 アーツ&クラフツ運動で美しいデザインの壁紙や家具などを製作し
柳宗悦の民芸運動にも影響を与えました。
 
b122_07_1.jpg 
 
初日の夜閉館で見られなかったモリスの作品を鑑賞します 
 
b122_08.JPG
 
大作のタペストリーに絵付けキャビネット 
 
b122_09.JPG
 
 人気のモチーフ名は「いちご泥棒(Strawberry Thief)」
 
b122_10.JPG
 
  
こちらは日本のコレクション コーナー
 
b122_11.JPG
 
美しい金屏風 [ぴかぴか(新しい)]
 
 b122_12.JPG
 
 美術館をあとにします。
 
b122_13.JPG
 
ピカデリー広場に出て「一点張」で最後のラーメンをしました
 
b122_14.JPG
 
ホテルで荷物を受け取り地下鉄でヒースロー空港へ。
 ピカデリー線で40分程かかったけれど
オイスターカード+ゾーン外料金で安くてビックリ
 
b122_15.JPG
 
b122_16.JPG
 
エディンバラで買ったスコッチウィスキーセットが
荷物検査にひっかかりすべてあけられてチェックに[あせあせ(飛び散る汗)]
お土産としてバッグの外に出しておけばよかった・・・ 
 
122_3.png 
 
JALとの共同便は1時間半遅れで
10ポンドの食事券が出ました。
この間免税店でゆっくりお買物タイム 
 
b122_17.JPG
 
結局20:30発のフライトになったものの
機内はすいててラッキーでした。
 
b122_18.JPG
 
最終日の収穫を公開
(モリスの丸い手鏡は女性のお土産にいいかも) 
 
b122_19.JPG
 
 
英国旅行記ご訪問ありがとうございました 
 
 
 122_4.png
 
 
 
また次回[ー(長音記号1)]
 

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン最後の夜 [イングランド]

ようこそです。
 
ロンドン最後の夜はミュージカル鑑賞の前に腹ごしらえ [レストラン]
 
b121_01.JPG
 
イギリスの味なしサンドイッチに辟易して
3日間通い詰めた店「一点張」(いってんばり)
ピカデリー裏手 84 Brewer Street
おすすめは塩ラーメン[ひらめき]
 
b121_02.JPG
 
夜の帳が下りる頃
ハー・マジェスティーズ・シアターへ[ぴかぴか(新しい)]
 
b121_03.JPG
 
おりしも雨が降ってきました [雨]
 
 b121_04.JPG
 
 「オペラ座の怪人」のチケットは事前にネット予約(UK Theatre Web)。
2階(Royal Circle)の端の席で52ポンド(2012当時約¥6650) 
 
b121_11.jpg
 
1705年設立の古い劇場は狭いながらも雰囲気抜群
 
b121_05.JPG 
 
映画の怪人は若手の俳優でしたが
ミュージカル版は渋いベテランで個人的にはこちらの方が好み[揺れるハート] 
映画との違いはやはり劇場ライブとしての一体感があるところ。
特撮映像の迫力はないけれど生の芝居のぬくもりを感じました。 
 
 b121_12.jpg
 
舞台にシャンデリアを残して緞帳が下り休憩タイム 
 
b121_06.JPG 
 
b121_07.JPG
 
階下のロビーではハーゲンダッツとカタログを購入[手(チョキ)] 
 
b121_08.JPG
 
b121_09.JPG
 
後半は積る旅の疲れからクライマックスで睡魔が襲い
隣の女性に起こしてもらう始末・・・ 
 
121_2.png
 
 
b121_10.JPG 
 
本場の迫力と感動の余韻さめやらぬ夜でした[るんるん]
ロンドンに行く際はぜひミュージカル鑑賞をお勧めします 
 
 
 121_3.png
 
また次回 [ー(長音記号1)]

 
 

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン散策③ [イングランド]

ようこそです。
 
 はじめてロンドンに来た当時
ホテルのそばに教会があったはず・・・ 
b117_01.JPG
 
あった[ひらめき]ありました~^^/ 
b117_02.JPG
 
確かめたところでチューブ(地下鉄)の駅へ急ぎます
b117_03.JPG
 
ホルボーンで降りて人の流れについていったら見事に迷い[たらーっ(汗)]
b117_04.JPG
 
Uターンして目的地に到着[あせあせ(飛び散る汗)]
b117_05.JPG
 
British Musuem(大英博物館)です[ぴかぴか(新しい)]
b117_06.JPG
 
入場料はなんと無料[手(チョキ)]
モダンに改装されたグレートホール
旧図書室はマルクス、レーニンらが通ったところ 
b117_07.JPG 
 
人だかりができていたロゼッタストーンには
古代エジプトの象形文字、民衆文字、ギリシャ文字の 
三種類の文字が書かれています[目]
b117_08.JPG
 
エジプトのコーナー
b117_09.JPG
 
人面牛身像はルーブル美術館にもあります 
b117_10.JPG
 
 返還要求が出ているパルテノン神殿の彫刻群
b117_11.JPG
 
ミイラは苦手なので早々に退出しました
b117_12.JPG
 
次の目的地は近くのカートゥーン美術館 
b117_13.JPG
 
2006年開館のコミックミュージアムです 
b117_14.JPG
 
ラブリーな羊の漫画
b117_15.JPG
 
b117_16.JPG
 
 
 キュートな猫のコミック「サイモンズ キャット」を購入
 
117_2.png
 
 
動画は驚異のアクセス数を誇るサイトです[バッド(下向き矢印)]
 
 
simonscat.jpg
 
 
お昼を過ぎて 
リージェントストリートのリバティ百貨店へ[ぴかぴか(新しい)]
b117_17.JPG
 
1875年創業のチューダー様式の建物は
イギリス海軍の軍艦の材木を使っているそう
b117_18.JPG 
 
店内ではおなじみの花柄リバティ・プリントの製品がたくさん[かわいい]
b117_19.JPG
 
アラブの女性客が大量に物色していました 
リバティはそもそもオリエンタルな趣味の製品を扱うデパート 
 
 
117_3.png
 
 
 
ティールームはクリスマスの装い[ぴかぴか(新しい)]
b117_20.JPG 
 
 紅茶の器もリバティ風[喫茶店]
 
b117_21.JPG 
 
また次回[ー(長音記号1)]
 
117_4.png 
 
 
 

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン散策② [イングランド]

ようこそです。
 
トラファルガー広場から続くホワイトホール通りは官庁街 
b116_01.JPG
 
1698年の火災で焼け残ったバンケティング・ハウスは
清教徒革命の舞台でした 
b116_02.JPG
 
いきなり通りに馬が[ひらめき]
プレートには「馬はけったりかんだりするかもしれないのでご注意」
b116_03.JPG
 
ここがホース・ガーズ(騎兵隊)の司令部
b116_04.JPG
 
ダウニング街10番地は首相官邸
b116_05.JPG
 
ビッグベンまで来ました[ぴかぴか(新しい)] 
b116_06+.jpg 
 
大観覧車ロンドン・アイ 
b116_07.JPG
 
ウェストミンスター橋を渡ります 
b116_08.JPG
 
b116_10.JPG
 
テムズ河のカモメ 
b116_11.JPG
 
落ち葉のつもる河岸を歩いて 
b116_12.JPG
 
対岸はランベス地区
煉瓦色の建物はカンタベリー大司教の邸宅ランベス宮 
 b116_13.JPG
 
隣の小さな教会が庭園美術館 
b116_14.JPG
 
中庭にはハーブ等の植物が植えられていました
b116_15.JPG
 
展示室の上には教会のステンドグラス
b116_16.JPG
 
b116_17.JPG
 
 
 
セルフサービスのカフェでカモミールティーを賞味[喫茶店]
 
116_2.png 
 
 
 
ランベス橋を渡り再びビッグ・ベン方面へ  
b116_19.JPG 
 
国会議事堂に灯りがともる頃 
b116_20.JPG
 
こちらはウェストミンスター寺院の後陣 
b116_21.JPG
 
議事堂の中庭 
b116_22.JPG
 
夕刻のビッグ・ベン[ぴかぴか(新しい)] 
b116_23.JPG
 
フォートナム・メイソンの紅茶と
庭園美術館でみつけたエッセイ[本]
b116_24.JPG 
 
また次回 [ー(長音記号1)]
 116_3.png 
 
 
 

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン散策① [イングランド]

ようこそです。
 
ピカデリーサーカスの天使の像[ハートたち(複数ハート)]
ここからロンドンの中心トラファルガーへ向かいます。 
b115_01.JPG
 
 ハー・マジェスティーズ・シアター
1705年設立の「女王陛下の劇場」 はミュージカルの殿堂[ぴかぴか(新しい)]
b115_02.JPG 
 
名作「オペラ座の怪人」を上演中 
b115_03.JPG
 
ネット予約でチケットを交換しました 
 
115_3.png
 
 
 
トラファルガー広場のネルソン提督像 
b115_04.JPG
 
背後の美術館ナショナル・ギャラリーへ 
b115_05.JPG
 
レオナルド・ダ・ヴィンチ 
b115_05_1.JPG
 
ヴァン・アイクのいわくありげな名画 
b115_05_2.JPG
 自画像といえばレンブラント
b115_05_3.JPG
 
 
中国人と思しき婦人が絵画に目もくれず編み物をしていました
 
 
115_2.png
  
 
見学を終えて外へ出ると街角にレンタサイクルが。
ロンドン市長の名をとって「ボリスバイク」 と言うそう
b115_07.JPG
 
美しく湾曲したリージェント・ストリート
b115_08.JPG
 
これは王室御用達の紋章[ぴかぴか(新しい)]
b115_09.JPG 
 
1707年創業フォートナム&メイソン 
紅茶が特に有名でティールームもあります [喫茶店]
b115_10.JPG
 
味わい深いアーケード 
b115_11.JPG
 
こちらがロンドン三越 
隣はテイクアウトできる和食総菜店[レストラン] 
 b115_12.JPG
 
ヨーク公記念柱を下れば
b115_13.JPG
 
バッキンガム宮殿へ続く道「ザ・マル」The Mall[ぴかぴか(新しい)]
b115_14.JPG
 
 からまる蔦の葉も秋色 
b115_15.JPG
 
アドミラルティ・アーチをくぐって 
b115_16.JPG
 
トラファルガー広場に戻ってきました[ひらめき]
ライオンは日本の三越の玄関のモデル
b115_18.JPG
 
 
また次回 [ー(長音記号1)]
 
 
 115_4.png
 
 

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - イングランド ブログトップ
   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013